ヴァイオリンの松脂の塗り方【動画あり】

こんにちは、松浦音楽教室ヴァイオリン講師の松浦優樹です。

松脂を弓に塗るときの方法を説明します。

弓を張って、大体元から先まで3往復ほど松脂の面に擦りつけていきます。

結構しっかりと弓を松脂に押し付けて塗ると効率よく付けることができます。

注意点として、弓元の銀のパーツに松脂が当たってしまうと簡単に松脂が欠けてしまうので、銀の部分に手を添えて、丁寧に付けていきましょう。

 

おすすめの松脂はギヨームです。動画でもギヨームの松脂を付けています。

 

2時間くらい練習した後、または練習を終えて次の日また練習をするときなどに付け直しましょう。

松脂がしっかり付いていないと発音が難しく、すべってしまいます。

しかし、あまり付けすぎても汚い音になってしまうので、ちょうど良く塗るようにしましょう♫

 

 

♫さいたま市でピアノ、ヴァイオリンの指導を行っています♫

無料体験レッスンも行っていますので、お気軽にお問い合わせください♫

 

お問い合せは下のフォームから、

・お名前

・ご年齢

・楽器歴(習っていたことがある場合)

 

をご記入の上お問い合わせください。